※初心者必見!ストⅤ【ザンギエフ】基本コンボ一覧!おすすめ立ち回りはこれだ!

※初心者必見!ストⅤ【ザンギエフ】基本コンボ一覧!おすすめ立ち回りはこれだ!

うも!

ターボと申します。

 

 

ストリートファイター2から登場したキャラクターで

「ストリートファイター史上初の投げキャラ」ですね。

※スト1のバーディーは投げではないはずです・・・

 

ザンギエフの醍醐味は飛び道具や通常技や歩きジャンプでジワジワと間合いを詰めて

相手に威圧感を与えながら一回捕まえたら獲物を狩る野獣のように襲い、

大ダメージを「プレイヤー自体にも」与えることではないでしょうか?

 

 

 

これからあなたがストVでザンギエフを

使いはじめるにあたって

この記事であなたが得てほしいもの

 

 

5から特殊な性能や技が増えていき、

既存の2や4、ゼロシリーズその他で

ザンギエフを使っていたあなたには少し

最初は壁に当たるでしょう。

 

なぜならば、ストVのキャラクターは

様々な特殊技やVトリガー性能などを持っていて

 

今までやっていたダブルラリアットで飛び道具を避けて

ジャンプで接近して投げて高火力なダメージを狙う

スタイルは変わらないのですが、バニシングフラットがありません。

さらに派生して対処方法が必要となります。

 

なのであなたがこれからストVで

「昔から使っていたし、ザンギエフでまたやろう!」

思うのなら是非最後までこの記事を読み通して頂きたいです。

 

そうすればある程度は立ち回りや、簡単な基本コンボ

主な通常技の使い方などを理解でき

早く平均的なレベルで戦うことが可能となります。

 

基本コンボ

ここでは初心者用に基本的なコンボのみを紹介致します。

 

投げキャラだからこそコンボがとても重要な要素です。

なぜかというと相手キャラクターとの距離を苦労して縮めて

高い火力がある投げ技やコンボを狙うチャンスは1ラウンドのうち、

かなり少ない数だからです。

 

なので少ないチャンスでコンボミスをしてしまうと

勝率は下がってしまいます。

 

しっかりとトレーニングモードなどで

コンボを身体に染み込ませれば一回のチャンスで

1ラウンド取ることも可能なのでとてもメリットが大きいのです。

そしてゲームで一番大事な「気持ちよさ」が堪能できます。

 

なのでしっかり覚えていきましょう!

 

通常系

屈弱P→弱K→ダブルラリアット・・・密着時限定ですが屈弱P発生なのでガード崩し、暴れにとても向いています。近づいたら投げとの二択でとても重宝されるコンボです。

前強P(ヘッドバット)→弱K→ダブルラリアット・・・相手が立っていれば繋がるコンボです。

フライングボディプレス(J下強P)→屈中K→ダブルラリアット・・・飛びからのコンボです。飛びが通ったら積極的にこのコンボを使いましょう。ガード確認で前ステ弱スクリュードライバー、EXシベリアンエクスプレスに変更してダメージを狙えます。

屈弱K→屈弱P→CA・・・確認からCAに繋げることができます。屈弱Kは発生も早く反撃もされづらいので是非習得したいコンボです。

強K(クラッシュカウンター)→強KorEXボルシチダイナマイト・・・クラッシュカウンターなので昇竜拳などブッパしてきた相手にお見舞いしてあげましょう。

 

Vトリガー系

屈強Por強K→サイクロンラリアット(Vトリガーボタン押しっぱなし)→強P(タメ)orEXボルシチダイナマイト・・・Vトリガーを使った大ダメージコンボなので是非Vトリガーを発動を混ぜたコンボで最初に覚えておきましょう。

 

Vトリガー発動中

中P→Vトリガー1(一段階まで)→CA・・・Vトリガー発動中なら中Pを狙っていける高火力コンボです。

 

 

おすすめ立ち回り

ザンギエフといえばいかに接近して相手を投げか、高火力なコンボの択を迫るために

通常技、必殺技での差し合いや歩き、ダッシュ、ジャンプなどシステムほとんどを使い

勝利していくのが基本的な立ち回りであり、おすすめ立ち回りです。

 

逆に立ち回りで接近できずサンドバックにあったり、

ジャンプ攻撃しても対空技を喰らい近づけない状況が続いて

心が折れてしまいます。

 

当たり前のようで忘れがちな場合が多いのです。

なのでかなり知識と技術とメンタル面の威圧が必要となります。

 

序盤差し合いなど

中K、屈弱Pがかなり使えるかと思います。

 

中Kはリーチが長いですし、ガードさせても相手の動きを制限できるので、

「剣士でいうと剣だと思ってください」

 

屈弱Pは発生が早いですし、相手のダッシュ防止などにもなります。

「剣士でいうと盾です」

 

それらと強P、強Kでクラッシュカウンターなど狙っていく戦法を

混ぜていくとどんどん有利になる確率が増えます。

 

スクリューパイルドライバーは打撃無敵が無くなり、

接近手段が既存のザンギエフとは大きく変わります。

 

これらで序盤相手の動きを鈍くし、

「ちょっと油断したな」と思ったら一気に

ダッシュ中スクリューパイルドライバーをすると

起き攻め地獄を与えることができます。

 

 

中スクリューパイルドライバーは後ろ受け身ができないため

すぐにダッシュ後、中スクリューパイルドライバーで起き攻めができます。

これらを打撃技の起き攻めと組み合わせてループすることができます。

 

 

これは、

相手プレイヤーにも大きく精神的ダメージを与えることができます。

 

さらにはジャンプ中Kなどからコンボへつなげると

かなり有利な状況になります。

 

 

対空

基本的にザンギエフは安定した対空がなく、

ダブルラリアットや強Pなどありますが安定しないんです。

早めの反応の空対空を意識するのが良いかもしれません。

状況により、J弱PやJ中Pなどの空対空で対策するのがオススメです。

 

 

飛び道具対策

まず問題点としてはバニシングフラットが無くなりました。

飛び道具を素手で吸収しながら攻撃判定もある移動技です。

しかしこの技は無くなりました。

 

そこでの救世主が

お馴染みのダブルラリアット、

Vスキルでのアーマーサイクロンラリアット、

遅い飛び道具ならヘッドバット(前強P)などです。

 

 

キャラクターを使う上での楽しみ方

今までスト4やスト2などをやっていた人からすると

かなり最初は違和感があるかと思いますが、

時系列的にストVは3より後です。

 

ザンギエフさんは進化していて

あらゆる新技を覚えています。

周りのキャラクターに豊富な技が増えたからこそ

ザンギエフも豊富な対策技が増えたので

 

 

新しいザンギエフを楽しみましょう!

 

 

是非今すぐこの記事をお気に入り登録して

これを機に新ザンギエフを始めてみてはいかがでしょうか?

 

ジワジワと緊張感ある間合い詰めから

大きなダメージ攻撃を与え、

一気に体力を持っていく快感は

スト2から変わっていません。

 

 

対戦格闘ゲームの醍醐味は「気持ちよさ」です。

 

 

ザンギエフはそれを一番ダイレクトに

感じれるキャラクターなのかと筆者は思います。

 

以上です。

お疲れ様でした。

 

ここまで読んで頂きありがとうございました。

 

 

 

 

 

特集記事カテゴリの最新記事